ハーブと漢方薬

ハーブと漢方薬

ハーブと漢方と科学的に配合した薬品は何が違うのでしょうか。

薬品は、大抵の場合即効性があるのが特徴です。
また、狙った症状にピンポイントで働きかけるため、
ストレスや免疫力に負けない程の効果があります。
濃度で言えば、ハーブの10倍、100倍の効果を持つものもあります。
難点としては副作用があることがあげられます。

次に漢方ですが、漢方とは、生薬という素材を調合して作られたものです。
副作用は無いと思われがちですが、薬品に比べ少ないというだけで、
副作用があるものもあります。
体質改善に作用するものもあり用途は広く、
また、ハーブは全て植物なのに対し、
漢方は、骨や角、血と言った動物のものや、化石なども使用するというのが特徴です。

ハーブは、異物反応や、副作用が少ないというメリットがあります。
ハーブはとにかく効果があっさりしている為、
ストレスや免疫力などに負けてしまう場合もあります。
また、成分濃度が低い為、一回の服用では効果が表れにくく、
一定期間服用を続けることが必要です。
また、ハーブは嗜好品でもある為、
ティーとして、味や香り、風味を楽しむことができるので、
趣味として扱うことが出来るというメリットがあります。
ダイエットサプリの副作用サプリメントのダイエット効果