太ももをあと少し部分痩せしたいけど可能なの?

太ももをあと少し部分痩せしたいけど可能なの?

季節の変わり目になってくると、洋服や髪型、靴など新しい方に変わっていく季節にもなります。そんな時期でこのようなことがもしかしたらあるかもしれませんね。新作のニーハイブーツが発売されいざその新作商品を試着してみると前の時期に培ってしまった脂肪のせいで、ニーハイブーツと太ももの境目で太ももの脂肪がはみ出してしまうなんてありませんか?

その他にも、2~3月前はスルッと履けていたお気に入りのスキニーパンツが、今現在いくら頑張って履こうとしても、はち切れそうな感じでパンパンに張ってしまい履くことがまったくできなくなってしまったってこともありません?

こういう時ってそのシーズンしか履かない物ばかり多いと思います。そのためシーズンが終わる前に部分痩せで痩せることができれば、新作のニーハイブーツやお気に入りのスキニーパンツを次のシーズンまで待たずに履くことができて、無駄にならずに済みますね。
そこで、そのシーズンにもしかしたら間に合うかもしれない部分痩せに一役買ってくれる日常の過ごし方を紹介いたします。

最初はこちらになります。「家だけはかかとを付かないでつま先立ち」です。
かかとを使わないで歩く運動によって、一部の下半身の筋肉を除いて下半身を鍛えることができるので、ぷるんぷるんになった太ももやふくらはぎを引き締めることができます。さらに、かかとを使わないで歩く運動によって下半身の血行が良くなり、下半身がぽかぽかと温まります。このポカポカを継続するためにかかとを使わないで歩く運動を続けると、家や会社の底冷えなど寒いところに居ても足先や足首が冷えにくくなったという話もあり、効果的な話もちょこちょこあります。
冷え性と太ももやふくらはぎを改善したいなぁって思う方にはお勧めの部分痩せに役立つ日常の過ごし方だと言えます。

次は「立ち姿に気を付ける」です。
脚が太い方は、姿勢が悪かったり猫背など立ち方が悪い人が多いので、もし立ち姿がぱっとみ悪いなぁと思うのであれば、「お尻に力をいれ、かかと+小指+親指の3つの足の指で立つことを意識してみましょう」。これは、まずおしりに力を入れることから、ヒップの引き締める効果が見込めます。
そして、足の指の3つで立つことを意識して生活すると、普段猫背や重心がずれている方の重心を元の重心へと戻してあげられます。これにより、重心のずれによってあんまり活用されていなかった筋肉を使ってあげられるようになるので、部分痩せで動かす必要がある筋肉を動かしやすくなります。
普段使えってなかった筋肉を使えるようにして部分痩せを効率よくしたい人に、おすすめです。

こちらのサイト((http://parts-diet.com/))を参考に私が実際にやってみて、良かったものを紹介させていただきました。
最後まで見てくださってありがとうございました